株式会社M式水耕研究所 | 水耕プラントの紹介

トップページ > 水耕プラントについて > 水耕プラントの紹介【水耕プラント】

水耕プラントとは

はじめに

1971年水耕プラントの普及を目的として愛知県弥富市にエム式水耕研究所を設立。以来40年、水耕栽培プラントメーカーとして生産者の方々の、より軽作業化・多収量化・通年生産体系化の実現のため、単に機器提供だけに留まらず、栽培品目拡大、栽培法確立など生産者と一緒になって努力してまいりました。こられの活動の結果、億単位の売上を確保する水耕生産者も出現してまいりました。しかしながら、昨今施設園芸を取り巻く環境は、後継者難・環境調和・海外生産の増加・野菜価格低迷と一際厳しいものがあります。こんな時だからこそ創意工夫を織り込んだ対応策の推進が求められます。そんな観点から弊社も、水耕栽培のメリットに加え、新しい付加価値を付与できる生産手法の開発に焦点をあて、省力化機器開発・こだわり品質生産体系確立・高収入生産体系確立などの展開を進めております。これらの中から一例を紹介させていただきます。

水耕プラントの紹介【水耕プラント】

植物工場「グリーンファクトリーM」

光・温度・養分等の生育環境をより高度に制御した最高の環境での生産システムです。
このため、無農薬で、虫を寄せ付けない、低細菌の野菜が安定的に生産することができます

LinkIcon詳しくはこちら


pdficon_large.gif
カタログダウンロード

GFMプラント「えむ」

湛液方式(別名DFT方式とも呼ばれる)のシステムで、安定した栽培ができます。みつば、ネギ、水菜、ハーブ、小松菜、空芯菜、サンチュ、春菊など葉菜全般。独自の酸素混入器(ウエアー)採用で、根圏酸素も確保できる豊富な実績で安定感抜群。


pdficon_large.gif
カタログダウンロード

GFMプラント「しき」

流下方式(別名NFT方式とも呼ばれる)のシステムで、早い流速を好むものに最適です。蒸散量の多い、早い流速を好む葉菜類(レタス、サラダ菜、ホーレン草)に最適養液タンク方式採用で、根圏酸素も確保できる低コスト、省力化実現したプラント。


pdficon_large.gif
カタログダウンロード

GFMプラント「だん」

イチゴの多段栽培専用プラントです。通常の高設栽培に比較し反収量増加します。ほとんど立ち作業で楽に作業ができます。生育の早さによって多収量が実現できます。養液自動更新器(できーるくん)との併用で管理も楽になりました。


pdficon_large.gif
カタログダウンロード

GFMプラント「とり」

果菜栽培プラントです。幅広い果菜に適用できます。トマト、メロンなど幅広い作目に適用できます。水切り作業が簡単にでき、高糖度野菜の栽培も可能です。作業が軽便で省力化が図れます。


pdficon_large.gif
カタログダウンロード

GFMプラント「とり・たて」


pdficon_large.gif
カタログダウンロード

GFMプラント「つる」

多数の鉢の給水、給肥を自動化した省力化ハンギング栽培システムです。100〜2000もの鉢を、自動で水遣り、施肥をしてくれ手数がかかりません。特許の吸引機構によって、過剰水分は回収され鉢下への滴下はありませんので、鉢下はフリースペースとして活用できます。吸引によって、根圏の酸素供給が活発となり長期栽培も可能です。


pdficon_large.gif
カタログダウンロード

清浄野菜工場

閉鎖環境での人工光による多段栽培システムで、完全無農薬栽培が実現できます。蛍光灯利用による多段栽培システムで狭い面積で高い生産性が可能です。フローティング方式によるパネル移動で、複雑なメカを必要としません。低細菌、無農薬の安全野菜が生産できます。


pdficon_large.gif
カタログダウンロード

有機培地水耕


pdficon_large.gif
カタログダウンロード

おふくろさん


pdficon_large.gif
カタログダウンロード